rigaku

身体能力のサポートをする仕事

理学療法士は人の身体の機能のサポートをする仕事です。
人は日常的に歩いたり座ったりといった様々な動作をしています。
この動作は何気なく行なっていますが、身体的に障害のある方や事故などをしてしまった方、高齢の方などは普通に身体を動かすのが難しい方もいます。

こうした方のサポートをするのが理学療法士の仕事です。
患者さんのために専用のケアプランと呼ばれるプランを作成し、そのプランに基づいてリハビリを行なっていきます。
そして、身体能力をもとの状態に回復してもらうことをサポートする役割を担っています。
高齢者の方などは特に身体的に衰えが見える方も多いため、理学療法士はより必要な存在となることも多いです。

職場は介護施設や老人ホーム、医療関連施設の他、スポーツの分野などで仕事をする方もいます。
スポーツの分野では体の身体能力はとても重要なものになりますが、理学療法士は身体機能を科学的に理解しているため、スポーツの現場でもその知識を役立てることができるのです。
様々な働き方ができるので、検討してみるのもおすすめの仕事です。

理学療法士になるには

理学療法士になるためには専門的な勉強をして資格を取得する必要があります。
理学療法士の資格は国家資格となっており、国家試験に合格することでなることができます。
国家試験は年に一回行われており、必要な勉強をしてきた方が受験資格を得ることができます。

理学療法士になるための勉強や専門学校や大学ですることができます。
専門学校の場合は2年間で国家資格を取得して、早い段階で仕事をスタートすることができます。
また、大学の場合は4年間かかりますがより専門的な勉強をすることができて、就職の際にも有利になることが多いです。
状況に合わせてどちらが良いかを検討することをおすすめします。

理学療法士の資格を取得すればスキルとして長く仕事をしていくことができます。
今後の転職などもしやすくなるので、その点でも良いと言えます。

理学療法士の国家試験について

理学療法士の資格を取得するための国家試験は、奇をてらった難問は出されませんが、学んだことを十分に理解しておく必要があります。
合格率は9割前後となっていますが、これは合格見込みがあるレベルに達しないと受験資格が与えられないようなカリキュラムになっているためです。
そのため、日々の勉強をしっかりとすることが大切になります。
そうすれば試験の対策を本格的にする段階になっても落ち着いて対応することができます。

また、試験が近づいてきたらもちろん専用の対策は必要になります。
問題集が販売されているので、そうしたものを活用して勉強すると良いでしょう。

身体の機能回復をサポート「理学療法士」