josan

出産をサポートする仕事

助産師は女性の出産をサポートする仕事です。
出産は女性なら多くの方が経験するものですが、人生の中でもとても大きなイベントとして考えている方も多いです。
そうした女性の出産をサポートできる仕事は、とてもやりがいの大きな仕事です。

また、赤ちゃんが生まれる瞬間に立ち会えるのは、とても感動も大きな仕事です。
新しい命が誕生して、母親の方と赤ちゃんが幸せそうに眠っている姿を見るのは助産師にとって大きな喜びであると言えます。
これから仕事を検討する方は助産師を目指すのもおすすめです。

助産師は看護師資格の上位資格と位置づけられており、看護師の資格を取得している方が取ることができます。
また、もしくは看護師の資格と助産師資格を同時に取ることもできます。

すでに看護師資格を持っている方は助産師養成の専門学校に通うことで取得することができます。
助産師養成の専門学校は数が少なめのため、近くにあるかは確認することをおすすめします。
最もスムーズな方法は大学に入学する際に、看護師と助産師になるための勉強を同時にできる大学に入学するという方法です。
これだと同時に取得することができるため、時間的に効率が良くなります。
あなたの状況に合わせてどちらで取得するかは検討することをおすすめします。

助産師の仕事内容

助産師の方の仕事内容は、出産の前後のサポートを行ないます。
出産の際だけでなく、妊娠の頃から妊婦の方はサポートが必要になります。
助産師が日々の過ごし方などをアドバイスすることで子供がすくすくと育つように生活することができるのです。
そして、出産の当日になったら分娩を行ないます。
助産師が最も活躍するのがこの時です。

出産は夜に行なわれることもあるため、助産師の仕事は体力的にハードになることもあります。
ですが、それ以上に出産の感動はとても大きなものです。
その感動を味わうとこれからも頑張ろうという気持ちも湧きやすくなり、やりがいを持って仕事を続ける方も多いです。
夜勤などがある場合もありますが、そうしたことを乗り越えられる体力と気持ちが大切な仕事です。

また、出産後もサポートをする必要があります。
母親となる方の中にはどのように子育てを始めれば良いか分からない方もいますが、そうした方のためにアドバイスをしながら退院までサポートをします。
こうして一人の母親の方が独り立ちできるまでサポートをするのが仕事です。

やりがいも大きな仕事

助産師の仕事はやりがいもとても大きな仕事です。
日々の大変さはあるかもしれませんが、女性の出産をサポートしたいという強い気持ちがある方に向いている仕事です。
これから仕事を始めようと思う方は、ぜひ向いているかをしっかりと検討してみてほしいと思います。

生命の誕生に立ちあえる「助産師」