歯科衛生士という仕事はどんな仕事?

歯医者さんに行くと先生が来る前に歯石の除去をしてくれたり、治療の準備などを行っている方を見かけます。
歯科衛生士は、歯石の除去などの簡単な歯の治療など行ったり、歯ブラシの指導を行うなど、歯科医師の指示を受けて治療を行ってくれる専門家です。
歯科衛生士が独断で歯科の治療を行うという事はありませんし、歯科医師の指示があってこそ動けるのですが、歯科についての知識や経験、さらに判断力なども必要となりますし、専門知識と技術などが必要となってくる仕事です。

施設によっては受付を担当することもあります

大きな歯科では歯科助手がいたり、受付専門の方がいるという事もありますので、受付を担当するという事もありませんが、小さいクリニックなどでは受付、助手的な事を行う場合もあります。
受付のほかに器具の準備を行ったりすることも歯科衛生士の仕事の内容となりますので、どのような施設に入るかによって、行う仕事の内容も違ってきます。
ただ同じような仕事をしているように見えても、歯科助手と歯科衛生士の仕事は根本的井に違い、歯科助手が出来ない仕事についても、歯科衛生士は行う事が出来ます。

歯科衛生士のお給料はどうなのか?

歯科衛生士は専門分野のお仕事となりますので、ある程度いいお給料を頂いているのでは?と思っている方も少なくないのですが、一般的に年収300万位という事で、これ以下という事もあるので、専門的分野のお仕事として考えると、やはり低めといえるのかもしれません。
ただ、これも施設によるもので、歯科衛生士として勤務するクリニックによってある程度の違いがあるので、不安を持っているという事は少ないかもしれません。

専門分野の仕事として、資格をもって行う業務となりますので、例えば女性で結婚、出産から再就職するという場合も、資格がある為職を見つけやすいという利点があります。
また昨今、クリニックなどもかなり分業されていて、審美、小児歯科、また矯正歯科など、多くのクリニックが存在しています。
歯科開業をサポートするサービスも提供されており、今後も歯科医は増えていくと予想できるので、就職しやすいという点も歯科衛生士という資格の魅力です。

仕事内容が多岐にわたる事で不満もある

勤務するクリニックなどによっては受付もそのほかの雑用なども歯科衛生士が行うという事になるので、かなり多様な業務を行うにしてはお給料が低いと感じる方も少なくありません。
また歯科衛生士という資格を取って就職しているのだから、歯科助手と区別をしっかりしてほしいという意見をお持ちの方もいます。
これもクリニックに寄ったものとなりますが、同じようなものとして給与面などさほど変わらないという所もあるので、雇用の際に、給与面や待遇などをしっかり確認しておくことが必要でしょう。

歯科医師をサポートする「歯科衛生士」