nihon

医療費2025年問題をご存知ですか

医療費2025年問題をご存知でしょうか。
この2025年は医療費は最大になると予想されており、日本の経済を圧迫する可能性があるとされている年です。

その理由になっているのが現在進行中の高齢化です。
2025年にはその高齢化がピークに来るとされています。
それは、現在65歳前後である団塊の世代の方が一斉に75歳を迎えるためです。
団塊の世代は第二次ベビーブームの頃に生まれた世代の方たちで、現在の日本の人口の中でも大きな割合を占める年代です。

この方達が一斉に75歳を迎えることで医療費が高騰することが予想されています。
今の時代は65歳では比較的元気な方も多いですが、75歳にもなるとさすがに体力なども衰える方が多くなります。
そのため75歳になると病院に行く方も増えると予想されており、それに伴い国の医療費も膨大になると試算されているのです。
特に75歳になると高齢者医療制度なども利用できるようになり、高齢者の方の医療費の自己負担金はとても少なくなります。
この制度が保たれたままで国の負担金が増えると、他の支出を圧迫することになるため、問題視されているのです。

こうした状況の中で今後は制度の見直しがされる可能性もあり、今後の日本がどうなっていくのかを心配する声も上がってきています。
ここでは今後の日本がどうなるのかについてお伝えしていきます。

今後の医療費をどう抑えるか

今後の日本は医療費をどのように抑えていくかという議論がポイントになってきます。
高齢者が増えて日本の財政を圧迫する可能性がある今、現在のように少ない自己負担金で病院での治療が受けられる制度がなくなる、もしくは条件が変わる可能性があります。
高齢者の方にも負担が増える可能性があるので、気を付けておく必要があります。

また、若い年代の方への負担が大きくなる可能性があります。
高齢の方に負担をお願いしても支払えないため、必然的に若い支払い能力のある方に負担が回ることになります。
そうすると保険料が増えたり税金が増えるなどの可能性があります。

若い方の給料も伸びている訳ではないため負担がさらに増えることは若い方からの反発も招きやすく、今後どうなっていくのかは現在模索されている状況です。
今後10年でその答を見つける必要がある段階に来ており、今後のニュースにも注目しておく必要があります。

将来に備えての準備を

こうしたことから得られる教訓として、将来の準備は自分できちんと行なっておくことが大切ということが挙げられます。
将来どのように生活していくかをきちんと考えているのとそうでないのでは大きな違いが出てくるので、必ず準備しておくことをおすすめします。

「医療費2025年問題」で日本はどうなる?