今の内科診察の現状はどのようなものなのでしょうか

現状の内科はこれまでのスタイルを踏襲しながらも、それぞれの医師が専門分野をより高めて質の高い医療を提供していくことが求められています。
各病院で状況は異なりますが、規模の大きな病院の場合は医師の数も十分のため、医師が自分の力を存分に活かして医療を提供する体制が整っています。
今後はさらに医師も先端的な医療技術を取り入れて、より様々な症状の治療に当たれる体制の構築が求められています。

当病院でもその体制作りを積極的に進めており、今後数年でその体制を大きく変えようと考えております。
もちろん患者さんの治療を最優先にしつつ、より効率良く質の高い医療の提供を目指した体制作りをしていく方針となっています。

患者さんの数は今後増えるのでしょうか

内科診療は今後も患者さんが増えることが予想されています。
高齢化が進んでおり、今後は団塊の世代の方々がより高齢になる時代に突入してきます。
そのため、内科だけでなく他の診療科に関しても、患者さんは増えることが予想されています。
こうした来るべき時代に対応するためにも、今後の体制の変革と医師の拡充は必要不可欠と考えています。
内科はその中でも最も大きな診療科として患者さんを受け入れる体制を用意する必要があるため、病院でもそのために様々な体制作りを行なっています。

医師だけでなく看護師も拡充が必要で、医師、看護師、薬剤師など、医療分野のそれぞれの専門性を高めたスタッフが連携して医療を行なっていく必要があると考えています。
今後の時代はより病院が必要とされる時代と考えています。
今後もさらに地域の方に信頼される病院として、飽くなき医療の追求をしていきたいと考えています。

今後先生の病院に転職される医師の方にアドバイスなどありますか

今後当病院はより新しいことにも積極的にチャレンジしていこうと考えております。
新しく、より患者さんの目線に立った医療を提供できるよう、スタッフ一同で全力を尽くしています。
これから転職される皆さんも、ぜひ医療に対する情熱を持って来て頂けたらと思います。
より高いレベルの医療を追求したい方に最適なフィールドを当病院では用意しています。

また、当病院では最先端の医療設備を備えています。
そのため、患者さんの病気の治療ととともに、自らの医療技術を実践を通してより高めていく場としても最適だと考えています。
最新の医療設備の中、ぜひあなたの手腕を発揮してほしいと思います。
それが患者さんの病気の治療にも大きく役立つはずです。

きっとあなたにとっても良いフィールドとなると確信しています。
ぜひ一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

内科診察の現状 ー内科副院長N先生