看護師として大切にしていることは何ですか

常に患者さんのことを考えるということです。
患者さんは病気などで困っていて、それを何とか早く治したいと思っています。
私自身体調を崩すのはとても嫌ですし、患者さんの助けになれることにはとてもやりがいを感じています。
そのため、日々患者さんがどのような気持ちでいて、何か不安などを感じていないかということはよく考えています。
また、不安がないかを直接患者さんに聞いてみることもよくあります。

幸い患者さんとも上手くコミュニケーションが取れていて、比較的気さくに接してくれる方も多いので、悩みも率直に打ち明けてくれます。
そうした本音の付き合いができるとより良い看護がしやすくなるので、とても大切なことだと思っています。
ですが、まだまだ勉強するべきことは沢山あるので、仕事をしながらもこれからもさらに勉強していきたいなと思っています。

今後はどんな仕事をしてきたいですか

今後は先輩の看護師のように仕事をしていきたいです。
先輩はいつも私や他のスタッフにも色んなことを教えてくれるのですが、それが本当に的確でいつもとても頼りにしているので、私もその先輩のようになりたいと思っています。
先輩のようにしっかりとした一人前の看護師として働くのが私の今の目標です。

そして、ゆくゆくは先輩のように後輩の看護師に教えられる立場になれたらいいなと思います。
まだしばらくかかりそうですが、先輩の仕事の様子を見ながら後を追っていきたいと思います。
多分私が先輩のようになる時には先輩はさらにスキルを高めてより良い仕事をしていると思うのですが、その時はまた先輩の仕事ぶりに刺激を受けて頑張ろうと思っています。
こうした目標を持って仕事ができるのはとても良いことだなと思います。

私は普段はとてもズボラというか、あまりしっかりしていないところもあるので、仕事でこうしたメリハリがつけられていると私も意外とできるんだと自信にすることができます。
患者さんも良い方が多くて本当に恵まれていると思います。

看護師の仕事は大変ではないですか

もちろん大変なことがある時もあります。
夜勤などではハードになりやすいですし、私もテンションが下がって落ち込むこともあります。
ですが、やっぱり患者さんの存在が大きいかもしれません。
いつも病院にいながらも明るく元気に声をかけてくれる患者さんがいると、私も頑張らないとなという気持ちになってきます。
それが原動力になっている感じですね。

看護師は患者さんのためにという気持ちを持てなくなると、ちょっと大変だと思います。
大変ですけどとても充実していると思うので、これからも頑張っていきたいですね。

先輩のように患者さんを支えたい ー消化器科看護師Sさん