病棟クラークの仕事を知りたい

医師、看護師をサポートする仕事といえば、病棟クラークという仕事があります。
医療のプロとして患者さんと向き合う医師、そして看護師が治療とケアに専念できるように、陰ながらサポートする仕事です。
実際にどのような仕事を行うのかというと、例えば何かの病気が発見され入院加療が必要という時、入院する際の書類を受け取る、また患者さんの入る病室の手配やベッドのネームプレートの準備など、病棟クラークが行います。

病棟クラークの仕事はクリニック、病院などの医療施設によって違いもあり、新規患者さんの問診を行って問診票に記載するなどの仕事も行う施設がありますし、診療の際に医師、看護師が利用する器具を準備するなどの、看護助手と同じような仕事を担う事もあります。
こうした治療やケア以外の事を病棟クラークが配慮しながら行う事で、医療関係者はその他の事に惑わされることなく、患者さんに対して正しく正確な治療を行う事が出来るのです。

現在医療の分野ではケア、治療以外の仕事もかなり多くなっていますし、それぞれが専門性を持って動いています。
病棟クラークはその施設の事をよく理解し、医師などの医療関係者が動きやすいように、仕事をしやすいようにという大切な役割を持っているのです。

病棟クラークと医療事務について

病棟クラークとトテモに通っていると感じる仕事に医療事務があります。
医療事務も病棟クラークと同じように医師、看護師のサポート的な立場に立つことがありますが、メインとなるのはレセプト、つまり医療報酬の計算、また会計窓口、受付といったもので、作業については書類作成が主軸となっています。

病棟クラークはどちらかというと、医師、看護師、患者さんにより近い立ち位置で、メインとなる作業を行うのはナースステーションでの作業となるので、医療事務とは似ているようでサポートの仕方、場所が違うという事になります。
ただ、医療事務も病棟クラークも、医師、看護師、患者さんのサポートを行うという事に対しては同じ仕事となりますし、その医療施設が円滑に動くために欠かせない仕事です。

病棟クラークの仕事は人対人になる事が多い

医師や看護師の指示を聞いたり、またその行動を見て次に行う事を判断することもありますので、人をよく観察し、理解するという事が大切な仕事です。
医師についても看護師についても、また患者さん、ご家族などともかかわりがありますし、患者さんがほかの病院に転院となった時のサポートなども病棟クラークの仕事となりますので、病院と病院の橋渡しという役割を担う事もあります。
人対人の仕事が多いという事も、病棟クラークの特徴となりますのでコミュニケーション能力が非常に大切な要素となる・・・という事も理解しておくべきです。

医師や看護師をサポートする「病棟クラーク」