登録販売士とはどのような業務か?

2009年から施工された改正薬事法で定められた医薬品販売の専門家の事を、登録販売士といいます。
これまで薬剤師以外認められなかった一般用医薬品販売について、その一部を販売できる資格者として認定されるものです。
2008年春から都道府県によって試験が行われるようになりました。

それまでは販売する薬局、ドラッグストアで一般薬品を販売する場合、薬剤師や薬種商が必要でした。
この登録販売士という資格が出来てからは、薬局やドラッグストア、またそのほかのお店などでも、薬剤師と登録販売者が一般医薬品の一部を販売できるようになったのです。

一般医薬品の中でも、薬剤師のみが販売できるのが第一類で、薬剤師・登録販売士が販売できるのが第二類、第三類です。
例としては、風邪薬やビタミンBやCの配合されている保健薬、整腸薬、消火やS区などです。

登録販売士になるためには

各都道府県が実施する試験を受験し合格する事で資格取得となります。
受験資格については、学歴年齢、また実務経験なども不問です。
しかし、登録販売士に合格下からすぐに薬局やドラッグストアなどで働くことができるという事ではなく、登録販売士として働くためには、合格してから各都道府県に販売従事登録申請を行い、販売従事登録証を受領する必要があります。

試験に合格する事で終了という事にならないので、しっかり申請を行う必要があります。
また、この先、登録販売士として店舗管理者となりたいという場合には、2年間の実務経験が必要となります。

店舗管理者というのは、薬剤師や登録販売士など、その店舗で働く従業員について監督業務を行ったり、商品となる医薬品の管理などを行う管理者です。
薬剤師、登録販売者の資格を保有し、その上で実務経験を積み、その後、店舗管理者となる事が出来ます。

この場合の実務経験とは日用品や食品コーナーなど、医薬品以外の部門しかない部署で担当していたという場合、実務経験となりません。
更に付80時間以上という要件がありますので、登録販売士から店舗管理者となりたい場合、実務経験の内容についてもしっかり考えておく必要があるのです。

ドラッグストアなどで活躍できる

アルバイト、パートという事も多いのですが、ドラッグストアなどでこの資格を持っていれば、就職に有利です。
これから再就職をするママたちにも人気の資格で、ドラッグストアでパートなどする前に、資格を取得しておくという方もいます。

資格社会となっている現代なので、こうした受験資格のない資格についてできる時に勉強し、資格を取得しておけば、就職、転職、再就職という時にも役立つ資格となります。
時間がある時、スキマ時間を利用して勉強されてみるといいでしょう。

医薬品販売の専門家「登録販売者」