オプメトリーという学問について

みなさんはオプメトリーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
オプメトリーというのは、光学、生理学、心理学などの多方面から「眼」「視力」について研究するという学問の事です。

私たちは普段、目を自然と利用しており物の形、色などを視覚によって判断していますが、実はここに、その人の持っている思考や記憶などが深く影響しているといわれています。
ものとみる時には目の中のピントを調節する部分などを利用し、そのものの大きさ、どこにあるか距離感をはかり、どのような物なのかを脳で記憶します。

両眼から得る様々な情報を処理することで、さまざまな物を見ては記憶し、どういうものか把握できるのです。
でも加齢によってまた病気によってものがぼやけて見えたり、目の疲労が取れない状態になったり、生活していく上で目を酷使していることもあるので、目の健康という事について考えていくことも必要です。
そこで眼、視力の関係を様々な情報、学問を通じて考える、研究する学問、オプメトリーがあるのです。

オプトメトリストは視力保護の専門家

オプメトリーを駆使し、さまざまな情報を得ながら研究を行い、目に対する専門的知識と技術を持ち活躍しているのがオプトメトリストです。
眼に対する検査などを行い、その方が持っている目の問題を明らかにする技術者の事をオプトメトリストといいます。
年齢に関係なく、乳幼児から高齢の方まで目で見る事が出来る快適な日常生活を支える専門家でもあり、眼鏡やコンタクトレンズの処方のほか、その使用方法、どのように生活すれば快適な視力を保つことができるのかなど、患者さん、お客様に対して適切な対応を行います。

実は日本で眼鏡を利用されている方は、約7500万人もいるとされ、これは人工の約6割以上を占めています。
日本は世界と比較しても目に問題を持っている人が非常に多く、世界的にみてもオプトメトリストが必要不可欠な国とされています。

オプトメトリストは、幼児について視力発達検査などを行う事もありますし、学校の視力検査、また視力に問題がある方に視力機能回復のトレーニングを行う事もあります。
眼の発達障害に悩む方についても専門知識を駆使したトレーニングを行い、その方が持っている目の能力を引きだすサポートも行っているのです。

最近はスポーツで必要な視力についての研究も進み、動体視力、瞬間視などがどの程度あるかを検査し、動体視力や瞬間視を向上させるトレーニングなどでも、オプトメトリストが活躍していますし、オプメトリーの学問が役立っています。
余り知られていない資格ですが、目を酷使する事が多くなっているIT社会の日本ではこの先、需要はドンドン高くなっていくと考えられます。

目の健康を支援する「オプトメトリスト」