医療の仕事は分業化されつつある

現代の医療の仕事を見ると以前は看護師が担っていた仕事を別の資格者が行うようになっていたり、看護師もより専門性の高い看護資格が登場するなど、仕事が分業化され、さらに専門性がより高くなっています。
診療報酬に関しては資格など必要なく医療事務の仕事内容を把握しており、診療報酬の計算など基礎がある程度分かれば、学歴なども関係なく仕事ができます。
但し、医療機関では出来る限り即戦力が欲しいという事もありますし、診療報酬について深い知識を持っている人材が欲しいということで、資格者を欲しがる医療施設も多くなっているという事実があります。

最近医療事務系の仕事、資格として注目されている物に、診療報酬管理士という資格があります。
診療報酬管理士とはどういう仕事を行うのか、どういった資格なのか理解しておくと就職などの際にも役立つでしょう。

診療報酬管理士とは何か

病院では医師や看護師のほかにも、たくさんの医療関係者が働いています。
診療については治療の記録や患者さんの病状、検査についての記録などカルテと呼ばれるものに記録されていきます。
カルテは診療記録と呼ばれますが、この診療記録などの情報を管理、その情報をデータとして分析し、医療関係者や病院の経営サイドに提出し、医療・経営についてその質を高めていくために、さまざまな知識を取得し資格者として活躍されているのが、診療報酬管理士です。

医療情報の専門家という立場にあるため、医療情報について深い知識、情報収集力、データ分析力などの専門知識が必要となります。
社団法人日本病院会が認定する診療報酬管理士という資格を取得し、認定、登録が必要となります。
この診療報酬管理士という資格認定については、社団法人日本病院会が認定する養成施設で専門的知識を学び、試験を受けることになります。

病院の質はカルテで決まるといわれる

患者さんの病状を把握し、その都度、必要に応じた治療、また未来につながる治療を行っているかどうか、その病院の質はカルテを見ればよくわかるといわれます。
診療記録や患者さんの情報がカルテに集約されており、その記載については間違いがある事が許されません。
診療報酬管理士は、カルテの記載に間違いなどがないかなどの情報を常に管理することのほかに、カルテから得られる情報を元に様々なデータを作成し、医療の充実、さらに経営の質を向上させる働きを持っているのです。

現代は情報化社会となっており、医療情報について開示することもあります。
そのため質の高いカルテが管理されいつでも要望に応じてカルテの開示などが可能な状態にしておくなど、診療報酬管理士の仕事の必要性、重要性は高くなっています。

病院の診療記録を管理!「診療情報管理士」