臨床工学技士という仕事はどういう仕事?

医療機器の専門医療職となるのが臨床工学技士です。
病院内で医師や看護師と共にチームを組んで、手術などの際、生命維持装置の操作などを行います。
命を維持する装置を扱うのですから、非常に重要な分野を扱う仕事で患者さんの命と対峙する仕事となり非常に責任がある仕事です。

どのような業務を行うのかというと、例えば呼吸治療業務があります。
肺の機能が低下した、またうまく動かなくなったという場合、患者さんは呼吸がしっかりできなくなります。

そこで患者さんの呼吸を代行するのが人工呼吸器です。
この人工呼吸器を利用している患者さんに所に行き、機器が安全に動いているか、仕様できているかを確認し、装置に異常などがないかを確認します。
メンテナンスや管理なども行う必要があるので、工学系の知識が必要となるのです。

手術を行う際には、心臓、肺を別の体外循環装置によって行う事もあります。
この時利用する体外循環装置、人工心肺などを操作、管理するのも臨床工学技士の仕事です。
装置の周囲には数十台もの機器が同時に利用されることもあり、この場合、すべての機器の操作、また手術前にその機器がしっかり作動するかどうかを確認する仕事も臨床工学技士の仕事です。

透析患者さんが多くなっている現代で、透析を行う際にも臨床工学技士が活躍します。
体内にたまった老廃物を体外に排出する代謝機能が減少した、働かなくなったという場合に行う治療が透析です。
血液透析療法や血漿交換などを行いますが、この時、穿刺や人工透析装置の操作も臨床工学技士が行います。

集中治療室での業務もある

集中治療室は目が離す事の出来ない患者さん、また手術直後の患者さんの容態が安定するまで過ごしてもらう病室です。
ここでは呼吸や循環、代謝などの機能が悪い状態の患者さんに対応することになるので、命のリスクをおっている患者さんに対応するという事になります。

臨床工学技士は、人工呼吸器、持続的血液浄化装置など、生命を維持する機器の管理を行う重要な働きをしなければなりません。
勿論手術室の業務も行うため、さまざまな機器について深い知識が必要となりますし、冷静な判断で機器を利用しなければならないという精神力も必要な仕事です。

この他ペースメーカーの管理や心血管カテーテルの業務など、臨床工学技士の仕事は多岐にわたります。
この資格者がいなければ、医療機関では機器についてのスペシャリストがいないという事になるので、医療機関では必須の資格となります。
深い知識、また新しい知識などもどんどん必要になりますので、日々勉強することが苦労と思わず、患者さんのためにできる事を黙々とこなせる忍耐力も必要です。

医療機器の専門家「臨床工学技士」