細胞検査士という資格はどういう仕事を行う?

細胞の番人的存在の細胞検査士は、世界各国で行われている細胞に関する仕事を行う資格者で、日本には6000人ほどの学会認定細胞検査士が資格をもって働いています。
この資格者の多くが国際免許を持ち、海外で働く方こともできる資格です。

人の体内には60兆個もの細胞があり、この細胞が健康的にしっかりと働くことが出来れば健康上問題ないのですが、細胞の中には自由に振る舞い周りを巻き込み病的な状態としてしまうものもあります。
現在細胞の変異で最も重要性が高く、悪質な働きとなるのが癌細胞です。
この変異した細胞によって多くの方が病気に悩み、死のリスクを負う事もあり、癌細胞についての研究は世界各国で行われています。

例えば子宮頸癌の検査の場合、婦人科の医師が子宮内の細胞を一部採取し、顕微鏡でその細胞の状態を見るために、ガラスにこすり付けます。
肺癌の検査の場合、疑いのある患者さんの痰を取得し、ガラスにこすり付けます。
こうしてガラスにこすり付けられた検体を染色液で染めて見やすくし、顕微鏡によって調べるのが細胞検査士の仕事です。

通常、正常な細胞が規則正しく並んでいるはずなのですが、癌細胞や怪しい細胞など変異した細胞が見つかる頃もあります。
細胞検査士は、みて明らかに異常があると感じる細胞についてはもちろん、これは怪しいと思う細胞についても観察し、癌細胞、怪しい細胞などについては細胞にしるしをつけて、意見書をつけ医師に報告します。

若い世代に多くなっている怪しい細胞

最近、女性においては若い世代から乳癌や子宮頚の癌になる事が多くなっているといいます。
乳癌などに係わることなく、その他の癌についても若い人から見つかる事が多くなっているといいますし、怪しいと思われる細胞についても、以前は少なかった若い世代で見つかる事が多くなっているのです。

若い世代が癌になれば年齢を重ねた方々よりも、新陳代謝が高いので進行する事が多くなりますし、女性の乳癌や子宮癌などになれば子供が欲しいという願いもかなえられなくなることがあります。
男性も進行の早い癌になると生活するという事でも支障をきたすことが出てきますし、早期発見、早期治療が何よりも大切といわれているのです。

子宮頸癌の受診率を見ると、国内では20%程度という事で、子宮系の癌に対する意識の低さ、また検査が必要という事をよく理解されていないなどの問題があります。
この先、細胞検査士の仕事としてこうした検査の受診率をどのようにして向上させていくか、こうしたことも仕事の一部となっていくでしょう。

癌は早期に発見すれば命を脅かす病気ではなくなっています。
中には悪質なものがあり進行も早く治療が急がれるものもありますので、細胞検査士はその細胞の変異をいち早く突き止めるためにも、様々な働きをしてくことが求められます。

細胞病理検査を行う「細胞検査士」