動物のお医者さん、ペットブームの中で需要が高くなっています

獣医師は動物が病気になった時や怪我をした時などに治療を行うほか、病気がないかどうかの検査、さらには予防接種などを行う動物のお医者さんです。
ペットを飼われているご家族にとっては非常に近い存在となりますし、ペットが病気になった時、頼りにされる存在です。

ペットのほかにも畜産動物である馬、牛、鶏などについて健康状態を把握したり、必要な治療を行う、また予防接種などを行う事もありますし、畜産動物のほかに、動物園で飼育されている動物たちの病気、怪我への対応、健康診断を行うなど、幅広い仕事があります。
獣医師によっては水族館や動物園のほか、競走馬についての検査、治療等を行う事もありますし、動物用のお薬を研究する製薬会社で働く方もいます。
動物の医療機関、動物園などに雇用されることもありますし、一般企業にも需要があり、この先ペットブームが継続していくことも考えられるため、非常に幅広い雇用がある職業としても注目されています。

獣医師になるために必要な事

人の病気や怪我などを治療する医師、人が利用するお薬についての専門知識を持つ薬剤師、こうした医療関連の資格者は、医療系の大学、若しくは大学の医学部で6年間学ぶことになりますが、獣医師についても、6年間獣医学を学ぶ必要があります。
6年間獣医学の知識、技術などを学び、所定の課程を納め卒業し、その上で獣医師国家試験を受験、合格すると農林水産省に免許の申請手続きを行い登録され、初めて獣医師免許を取得できます。

大学での勉強では牛、豚などの畜産動物についての知識、技術を専門的に学ぶため、獣医師免許を取得し動物病院等への勤務を考える場合、動物病院に就職し犬、猫などのペットとして飼われている動物についての治療知識などを学ぶことが必要となります。
勿論、命と対峙する仕事となる事は医師と同じですし、動物は人のようにあそこが痛い、ここがこういう風に痛いと口で訴える事が出来ないため、検査、動物の状態や症状を見極める事が必要で、動物の治療に対する深い知識はもちろんのこと、動物をより愛し動物の苦しみを受け止め、何が必要なのか、どのような治療を施せばいいのか、真摯に考える心も必要です。

少子化の中ペットは増えていく可能性が高い

現代はペットブームといわれていますが、その背景に少子化があります。
お子さんを持たない、またお子さんができにくい状態の方も多くなっており、その中で動物を家族同然に飼っている方も少なくありません。
また世帯のお子さんの数が少ないという事もあり、情操教育という面で動物を飼うご家庭も多くなっています。

そのため、この先、獣医師の需要はより高くなっていくことが予想されますし、ペットも犬、猫以外、爬虫類や珍しい動物などが多くなっていますので、多様化するペットの種類についても、知識をもっていくことが必要でしょう。

動物のお医者さん「獣医師」