denki2

電気をエネルギーに変換する微生物

近年の研究で新しい微生物が発見されました。
それが、電気をエネルギーに変換して生きる微生物です。
電気がエネルギーに変わるというのはよく知られており、これによって発電所が動いています。
ですが、微生物が電気をエネルギーに変えるというのはこれまで発見されておらず、新しい可能性が見いだされるとして注目を浴びています。

参考:http://www.eco-juku.com/energy/denki.html

電気は現在様々な所で用いられており、その可能性はまだまだあると予想されています。
こうした微生物が発見されることでさらに新しい製品の開発の可能性が出てくるとされています。
企業や研究機関もこの研究に注目しており、今後さらに新しい応用的な研究がされる可能性もあります。
微生物はごく小さな生き物ですが、その小さな生き物から見つかった大きな発見と言えるのです。

この微生物は電気を流すと二酸化炭素を有機物に変換する力を持っています。
そのため、二酸化炭素の削減にも可能性があるとされています。
二酸化炭素は温暖化の原因とされているほか、増えすぎると悪影響を及ぼす物質とされています。
これを有機物に変換してくれるので、この微生物を上手く活用することで二酸化炭素を削減することができる可能性もあります。

様々な可能性がある微生物

このようにこの微生物は様々な可能性があるため、今後も注目してみるのもおすすめです。
新しい研究に関する情報は技術系や化学系のニュースサイトでもチェックすることができるほか、本当に大きなトピックに関してはテレビで紹介されることもあります。
こうした情報源を定期的にチェックすることでこうした微生物の研究に関する情報をいち早くチェックすることができます。

また、これまでの微生物研究に関してもチェックしてみるとさらに理解が深まります。
これまでの研究はインターネットのサイトなどでより詳細な論文なども見ることができるので、こちらも興味があれば見てみると良いでしょう。
現在までに微生物に関しては様々な研究がなされており、新規の機能が発見されたのはここ最近ではとても注目すべきこととされています。
これまでの他の研究を一通りチェックして、今回の電気をエネルギーに変える微生物がどう新しいのか、調べてみるのもおすすめです。

微生物の学問を追究しよう

このように微生物の学問は追求するととても奥が深く、興味深いものです。
ぜひあなたも微生物の世界を楽しんでみるのもおすすめです。

今まで気が付くことのなかったその世界を知ることであなたにも新しい視野が開けて、微生物に興味をより持つことができるかもしれません。
微生物の学問は他の学問にはない面白さがあります。
ぜひ勉強してみて欲しいと思います。

電気をエネルギーにして生きる微生物が発見される